盗聴防止とそのポイントについてのまとめ

盗聴防止装置はあるのか

 

盗聴は怖い。日常での盗聴にまつわる話を知ると、見えないものだけに恐怖感だけが募ります。「もしも盗聴されたらどうしよう。」盗聴発見調査を自身でするにしても、調査を業者に依頼するにしても、その後、新しく盗聴器がしかけられるかもしれない恐怖からは逃れることができません。だったら盗聴器を仕掛けられたとしても、その盗聴波を妨害して、受信側に聞かれないようにすれば盗聴を恐れることはないはずです。

 

盗聴を防止する装置について調べてみると、コンクリートマイクやレーザーによる盗聴などに対しては、震動を音に変えて盗聴する方法を取っているので、会話をする際音楽をかける雑音を発生させるなど、他の音を出すことで盗聴を防ぐことはできるようです。
しかし、通常の無線式盗聴器を使った盗聴については、まめに盗聴器発見の調査を行うしか対策はありません。

 

最近、気になる盗聴の話題として、盗聴したい相手が、もしも観葉植物などのおいてある家ならば、ビデオなどに映っている植物などの葉の揺れる様子から、その震動を解析して音に起こすことができるようになったようです。
少し離れた場所から部屋の様子をビデオ撮影しておき、後ほどその画像の植物の動きから、音声を解析する。もしも盗聴の恐怖を感じるでのあれば、マメに盗聴器発見調査を行う事や不審なものをもらったりしないこと、人を家に上げないこと、大事な話をする時は、窓際に植物をおかないなどの対策をすることが防止には最も有効なようです。