企業の盗聴防止のポイント

企業が実施する盗聴防止策

盗聴防止策は何も個人宅だけで行う対策ではありません。盗聴に対する備えは、企業でも必要なことなのです。
むしろ、企業のほうが重要度の比率は高いのではないでしょうか。盗聴の目的は情報を盗み出して、その情報を元に、利用あるは、貶めることが目的です。なかには個人的な主義主張で身勝手に他人の情報を盗み聞く人間もいますが、盗聴自体は悪であると言っても過言ではありません。

 

そして、企業では取引先の企業の情報や取引のデータ、または会員など重要な人物の個人情報から、製品を購入していただいた消費者一人ひとりの情報など、大変重要な情報が沢山あります。

 

もしも、これらの情報が外部へ漏れてしまい、悪用されてしまっては、企業としての信用を失墜させるだけではなく、重大な責任問題となって、企業の存続にも影響を及ぼしかねません。

 

また、企業の中には他業者に知られたくない、重要な情報、競業他社に負けない技術などの情報が沢山ありると思います。それらの情報が盗聴によって競合他社に渡ってしまっては、企業として大きな損失を生み出しかねません。

 

そのため、企業の盗聴防止策は急務であり、大変重要な責任が必要なことでもあります。

 

リスクマネジメント、企業内でのセキュリティ強化のことも考えて、自社内でどうやって盗聴に対する対策を取るべきなのか?
外部の盗聴発見業者から、師事するのもいいですが、独自のマニュアルを作成して対策することも重要なポイントになるのではないでしょうか。