盗聴の現場を知って防止方法を学ぶ

盗聴の現場

盗聴器の発見と防止をするために必要なのは、盗聴器に関する知識を持つことです。
そのために、盗聴の現場となる場所、そして今の盗聴器の販売市場を知ることが必要になってきます。

 

現在日本では、盗聴を行う行為を刑法で裁くのは難しく、盗聴をおこなったことで得た情報を、犯罪や相手の不利益になることで利用した場合には罰せられます。
そのこともあってか、盗聴機材の製造や販売、所持に関しては違法にならないといった現状があります。
まずはそのことを頭の中に入れておいてください。

 

そして、盗聴器は家電量販店で購入することはまずできませんが、電気街など昔ながらのコアな電子機器を販売しているところで売られています。
実際に盗聴器が年間で製造、販売されている数は実に40万個といわれており、そのなかで実際に購入されて盗聴目的で使用されるケースは半分の20万個ともいわれています。しかも、驚くことに、これは年間の計算なので、昔からどれだけの数の盗聴器が製造販売されていたかは憶測でも数千万個の盗聴器が使用されていることになります。

 

そのため、盗聴を防止する方法について民間でも様々な方法と対策を取ろうと試行錯誤しているのです。
特に盗聴防止を行う現場の最前線に立つ盗聴器発見業者は年々増えている盗聴器の発見業務、調査業務が増えており、まさに取っても取っても次々に発見されることから、いたちごっこの体をなしています。

 

また盗聴器が設置されている数と盗聴器発見を担当する業者の数が比例していないのも問題で、業者に頼むことが出来ないから自分で盗聴器を発見するための機材を購入して防止策を講じる個人や企業も増えています。